【Vue】アイテムの表示・非表示時にアニメーションつける

えびさん

transitionというラッパーコンポーネントを使う

ラッパーコンポーネントについて

ラッパーコンポーネントとは

wrapper (ラッパー) …包む
ラッパーコンポーネントで包むことで、共通のパーツや処理を使用することができる

下記ラッパーコンポーネントを使用した例

  • Wrapper.vue (=ラッパーコンポーネントとして使用)
<div>
<header>共通ヘッダーが入るよ</header>

<div class='content'>
  <slot></slot>
</div>

<footer>共通フッターが入るよ</footer>
</div>
  • Content.vue
<!-- ラッパーコンポーネント使用 -->
<Wrapper>
  <section>
    ここの内容は、Wrapper.vueの<slot></slot>部分に反映されるよ
  </section>
</Wrapper>

このように、transitionもwrap (包んで) 使用する

transitionを使ってアニメーションつける方法

transitionとは

Vueが用意してくれているラッパーコンポーネント

[参考] Enter/Leave とトランジション一覧

transitionコンポーネントは、囲われたアイテムを監視して、
変更があった場合にそれに応じたクラス名をつけてくれる
[クラス一覧] トランザクションクラス

例えばname'modal'とした場合、
表示」の場合はmodal-enterというクラス名が付与され
非表示」の場合はmodal-leave-activeというクラス名が付与される

上記クラス名を使用してCSSでアニメーションつければOK

モーダルにアニメーションつけてみる

流れ
  • 上記で説明した通り、transitionname属性をつけると、
    transitionで囲われたアイテムが変更 (表示・更新・削除)されたときに
    そのnameに対して自動的にクラス名が付与される
  • そのクラス名に対してcssで装飾をする
  • modal.vue
<transition name="modal">
  <div class="modal-mask">
    <div class="modal-wrapper">
      <div class="modal-container">
        <div class="modal-body">
          アニメーション付きのモーダルだよ!
        </div>
      </div>
    </div>
  </div>
</transition>
.modal-mask {
  position: fixed;
  z-index: 9998;
  top: 0;
  left: 0;
  width: 100%;
  height: 100%;
  background-color: rgba(0, 0, 0, .5);
  display: table;
  transition: opacity .3s ease;
}

.modal-wrapper {
  display: table-cell;
  vertical-align: middle;
}

.modal-container {
  width: 70%;
  margin: 0 auto;
  padding: 20px 30px;
  background-color: #fff;
  border-radius: 2px;
  box-shadow: 0 2px 8px rgba(0, 0, 0, .33);
  transition: all .3s ease;
  font-family: Helvetica, Arial, sans-serif;
  max-height: 650px;
  overflow-y: auto;
}

.modal-body {
  margin-top: 20px;
  min-height: 400px;
  padding: 0;
}

/** ここからモーダルアニメーション **/
.modal-enter,
.modal-leave-active {
  opacity: 0;
}

.modal-enter .modal-container,
.modal-leave-active .modal-container {
  -webkit-transform: scale(1.1);
  transform: scale(1.1);
}

クラス名は独自のものにカスタマイズも可能